COOL WISE MAN with Eddie TANTAN Thornton Japan Tour
へ御来場ありがとうございました!

2013年のラストライブはハンバート・ハンバートと締めくくります!
12/28 渋谷O-EAST Galactic 10th Anniversary Party
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by : スポンサードリンク | - | | - | -| - |
TANTAN in TOWN!
COOL WISE MAN with EDDIE TANTAN THORNTON JAPAN TOURにご来場の皆様ありがとうございました!
皆様のおかげで3年ぶりにチームTANTANが再結成できました。

たくさん感じて、たくさんの思い出が出来ましたが、
書いても書いても書ききれないので写真をUPさせていただきます。

11/8 渋谷クラブクアトロ

タンタン、トランペット準備中。


ヘイ!ウッチー!


コーラ飲むか?コーラ!


DJは暴れギターツッチーとMartin-Kinoo


Please Come In EDDIE TANTAN THORNTON!!!


イエー!


Hey!Hey!Hey!


Thanks!Thanks!


優しいトランペットの音は涙腺直撃。


水配りまくり!




タンターン!




11/9 宮古カウンターアクション
アーアーアー!
新曲完成!!曲名は「MIYAKO」(仮)


愛してリー


コーラでエナジー注入。





宮古で記念撮影!サインでかい!!



11/10 石巻ブルーレジスタンス


ナイス!ナイス!


石巻熱い!


イエー!





大好きなグリルフィッシュ(ホッケと秋刀魚とライス)


COOL WISE MANは家族だ。毎日君たちの事を思っているよ。


またすぐ来るから!

何度も振り返るタンタンでありました。


撮影で入っていましたマーシーのBlogも是非。
http://blog.masashinoda.com/


タンタンのインタビューにもありましたが、
バンドは「家族」であり「チーム」なんだと。
http://www.galactic-label.jp/news/2013/11/001448.html

誰にでも優しくて、大きな心で受け止めてくれるタンタンのことが
みんな大好きです。

今回のツアーでもまたたくさんのことを教わりました!

震災の後すぐの手紙で、
「日本のみんなは大丈夫か?」「すぐにでも飛んで行きたい」と言ってくれたタンタン。
その思いを実現したメンバー。

ステージで「日本のために毎日祈るよ」と言ったのは本当です。

世界中を飛び回るタンタンはいつも日本のみんなのことを思って
演奏してくれています。

また再会できる機会を作りますので、会場でタンタンとハッピーな音で騒ぎましょう!
今回残念ながら来れなかった方は次回は必ず!

本当にありがとうございました!

Special Thanx
Dr Martens Air Wair Japan

REBEL ONE RADIO
宮古カウンターアクション
石巻ブルーレジスタンス
渋谷クラブクアトロ








JUGEMテーマ:音楽
 
Posted by : cwm | ライブリポート | 19:14 | - | -| - |
COOL WISE MAN 久しぶりツアー
お久しぶりの更新です。

Blogもそうですが、ツアーも久しぶり。
そして、松山へ行くのはかなり久しぶり!

いつも温かく迎えてくれる松山。
Skatter Brainsをはじめ、JUDO-MAN,鎌田さんのおかげです。
(やっさん元気ですか〜)

今回はお盆初日とぶつかりまして過去最高の渋滞を経験したCWM。
ヘトヘトになって到着しましたが、楽屋のケータリングにホッとするメンバー。


さらには会場の「待ってました!」感を感じていつも以上に熱いステージ!


新曲もたっぷりやっちゃう!


打ち上げもたくさんの人が集まってくれて
お土産までいただきまして長旅の疲れも癒されました。


癒されたのも束の間、
翌日は大阪服部緑地野外音楽堂ツキノウタゲに向けて出発!

到着!


日本列島高温注意報発令中!
月じゃなくて灼熱の太陽がお待ちかねでした。


出番は12:35
2年ぶりのツキノウタゲ、5周年おめでとう!


ステージもフロアーも暑い。


たくさんの人がステージ前で踊ってくれました。


動き回らなくてもKeyイッチーの背中はびっしょり。


甲子園に負けない熱気!


最後はやっぱりみんなでJump For Joy!


ツキノウタゲCrewありがとう!
また来年もやろうぜ!
でも来年は月が見える時間が良いな〜

松山は初めて行ったのが10年前。
その時から温かさが変わらない。
慣れ親しんだ間柄なのにCWMにいつもRISPECTを持っていてくれるし、
全力で楽しむ準備をしてくれます。

だからいつも良いライブが出来るんだと思います。
OMOTENASHIの勉強になる松山です。

ツキノウタゲCrewは若い2人が中心になって試行錯誤しながらも
アーティスト、お客さんを楽しませようと全力です。
(若いって素晴らしい!)
思っていても行動しない人が多い中素晴らしいことです。

見習うことがたくさんあるし、元気がもらえるそんなツキノウタゲも
毎年出演したいイベントです。

会場に来てくれた皆さん、関係者の皆さんありがとうございます!
これからも松山、大阪の「音」盛り上げてください。

次回は初の新島へ!
しかも投げ銭スタイル!!

新島 WAX 2013
8月17日(土)
19:00 Open
21:00 Start
愛の投げ銭制
(音はステージから、投げ銭は音のしない方で)

詳しくは
http://www.wax2005.com/



JUGEMテーマ:音楽


 
Posted by : cwm | ライブリポート | 14:47 | - | -| - |
20th Anniversary Thanx Tour FINAL !!
4/11 仙台からスタートしたツアーも5/11の新代田FEVERで無事にFINALを迎えることが
出来ました!

各地でもらったパワーをこの日すべてつぎ込んだと言っても良いくらいの素晴らしい
ライブとなりました。

どーん!

男塾Crewから粋なお祝いが!
一瞬にして恵比寿Milkでのイベントがよみがえる!

そして!

DOARAT 特設ブース!
White ボディーはDOARAT取扱店のみの限定色です。

外はあいにくの雨模様でしたが、
FEVERは笑顔でいっぱい。

さらには、前売りがSOLD OUT!
売り切れです。
みんなありがとう!

18:00 Open
セレクターは、元CWMの暴れギター土川学。

と土川さんの幼馴染でReggaelation IndependAnceの
トロンボーン斎藤さん。

斎藤さんには、
「UNITY」と「RUNDOWN」のジャケットデザインもやっていただきました!

1番目のReggaelation IndependAnceが登場。

ゆっくり、着実に引き込まれるフロアー。

男塾Crewでもある、Jaga-Bさんの渾身のDUBBING!

あっという間にダンスフロアーとなりました。
アフリカとジャマイカとロンドンと日本を自由自在に行き来する
Reggaelation IndependAnce
5/22にアルバムがリリースされます!

要チェックです。

続いてのセレクターはMartin-Kinoo

後ろは暴れギター先輩。

Martin-Kinoo氏とは、1stアルバム「BAD SKA」の1曲目「Koshu St」の
Introduceで参加してもらってからのお付き合い!

こちらも縦横無尽なセレクトでフロアー休憩無し!!

で、2番目はCWMとの対バン回数、No1であろうOi-SKALLMATES。



日比谷野音で毎年開催される「Skaville JAPAN」に
唯一出演し続けるOi-SKALLMATESとCOOL WISE MAN。


Voのワタル君が「今日は何で呼ばれたんだかわからない」
と言いながらCWMに送った曲「RUDE BOY」は感涙もの。。。

とにかくこれからも一緒にやっていきたいバンドです。


いよいよCWMの出番。皆さんに送り出されるメンバー。


Martin-Kinooの「虹をみたいか〜」の掛け声と共に、
I Can See A Rainbowでスタート!



ご機嫌な二人。


さらにご機嫌なバク。


渾身のソロを吹き倒れる西内徹。


さらには光風Tpまでも。


ここで救世主現る!

さすが男塾Crew、TOP DOCAからビールの補給が。

20年おめでとう!ありがとう!のカンパーイ!

たくさんの手が上がるの好きです!

フロアーとステージの一体感、たまらんな〜



上手ステージは出演者でいっぱい!
暴れギターが邪魔してます。。。

Kinooさんも!

とにかく、フロアーからステージ袖から多くの人に見守られて一緒になって騒いで、
踊ってと10年前も20年前も変わらない幸せな時間です。


音楽を通してただただ楽しめることが幸せです!


とうとう暴れギターの本領発揮!ということで
スタッフ一同お騒がせしましたがツアーファイナルなんでご了承下さい。


結成20周年。
とくに感慨深いものもなく、浸っていることもないCOOL WISE MANです。

でも、このタイミングで応援してくれる皆さんに改めて感謝の気持ちを伝えたいと思いはじまった
20th Anniversary Thanx Tour。

久しぶりの場所、初めての場所でたくさんのものを感じ、いただきました。

また行きたい場所も、会いたい人も増えたので、
まだまだCWMの音楽の旅は続きます。

CWMの音楽を聴きたくなったらCDプレイヤーに盤を突っ込んで、少々大きめに鳴らしてください。
それでも満足できなければ会場に足を運んで、音に身を任せてみてください。

2013年は
たくさんの場所に行く予定です。
合わせてたくさんの新しい曲をお届けできると思います。

最後になりますが、20周年ありがとうございます!
これからもどうぞCOOL WISE MANをよろしくお願いします。

お手を拝借!よぉー


パン!

ありがとうございました!






Thanx Photo by KUMA


JUGEMテーマ:音楽
 
Posted by : cwm | ライブリポート | 19:26 | - | -| - |
COOL WISE MAN 20th Anniversary Thanx Tour GW編 後編
5/1に名古屋を出発し、夕方に東京へ着。
5/3の朝方には富山へGO!

洗濯物が乾く間もなく、
5/3 富山BODEGAS MANBOへ。

Open3日目の新しいレストランバーです。
富山市の皆さんは是非足を運んで欲しいお店です。

まずはT字路sから!

Bass篠田は連日9ステージ目。


いよいよCOOL WISE MANスタート!



豪華なシャンデリアと煌くミラーボールでうっとり。



しっとり聞いて、しっかり踊ってあっという間の90分。


終演後はサイン大会!


まだ内緒ですが、
去年に引き続きホットフィールド2013に出演決定です!
http://hotfield.jp/

また8月に!



5/4 京都 磔磔

今回のツアーの目玉でもある京都 磔磔(タクタク)
いつかCWMを磔磔で見たいとの思いと、京都の重鎮バンド騒音寺と対バンを見たくて
ブッキング、マネジャーであるしのやんさんにお願いして今回実現しました!

しかも、毎年5/3,4,5と騒音寺がホストを務めるお祭、騒(ガヤ)祭に出演。

リーダーも勝負シャツと騒音寺T-shirtsで正装。


得三同様に老舗ならではの箱鳴りがする磔磔。


ほとんどはじめましてのお客さんも1曲目から大騒ぎ。



おかげさまで酒(テキーラ)が美味い!

浅見Tbもこのツアーで大人になりました。


騒(ガヤ)祭 中日(2日目)の出演者で記念撮影!



5/5 金沢 もっきりや

ジャズ喫茶のたたずまいのもっきりや。
JAZZを中心に30年以上いろんなアーティストが出演している由緒正しいお店。

そんなもっきりやもこどもの日の今日はお祭ムードにしてみました!
マスターは「いいね、出店みたいで」と
遊び心を忘れません。


Openning ActとしてT字路sからスタート。

T字路sタエコも渾身のガッツポーズ!



Keyイッチーはグランドピアノで大人っぽくはじまりましたが、


いつの間にかステージからはみ出してます。

ホーンはマイクを使わないので自由気まま!

お客さんも椅子を無視して総立ち!


終演後、店内が壊れていないかマスターに確認しようと思いましたが、
満面の笑みで「良かったね〜」というのでそのまま打ち上げへ。


姉妹店PEPER MOONで手料理をたらふくご馳走になりながら、
ツアーを振り返る。

はずが、

気持ちよくなってほとんどどうでも良い話しかしてません。(記憶がない)

とにもかくにも、
COOL WISE MAN 20th Anniversary Thanx Tour GW編 後編
無事終了!

富山、京都、金沢と北陸道と名神高速を行ったりきたりする中で、
音楽を聞くことが好きな人だったら必ず楽しめるのがダンスミュージックだと思いました。

無理して手を挙げて盛り上がらなくてもいいし、
座ったままでリズムを楽しむこともあるし、
汗かいて人一倍踊る楽しみ方もあるし、
ステージに負けじと大きな声を出すこともあります。

COOL WISE MANは、
誰もが心も体も任せてみる、任せて良いんだって思える音楽を
これからもやっていきたいと感じたツアーでした。

メンバーもたくさんのことを感じたツアーでしたし、とにかく楽しいツアーでした。

COOL WISE MANからの感謝の気持ちを伝えに行ったのに
またまた感謝しなければならないツアーになりました。

また次回、今回よりも楽しめるステージにしますのでコレからも応援よろしくお願いします。

そして、このツアーの集大成を
5/11(土) 新代田FEVERでむかえます。

古くからの友人でもある、
Oi-SKALLMATESと

古くからお世話になっている斎藤徹史率いる、
Reggaelation IndependAnce

1st AlbumのIntroduceをお願いした、
Martin Kinoo

CWMの育ての親であり、暴れギターの
土川 学
とCWMの20年をほとんど知っている出演者との共演になります。

FEVERが20年前にタイムスリップしないよう気をつけます!

http://coolwiseman.galactic-label.jp/live/2013/05/001324.html

是非会場で皆さんの楽しみ方で楽しんでください!



改めてありがとうございました!!


JUGEMテーマ:音楽
 
Posted by : cwm | ライブリポート | 14:01 | - | -| - |
COOL WISE MAN 20th Anniversary Thanx Tour GW編 前半
東北からはじまったCOOL WISE MAN 20th Anniversary Thanx Tour!

4/26からは関西を中心にお礼参り。

まずは4/26 大阪梅田シャングリラ

この日は梅田にグランフロント大阪がOpenとあって
多くの人で賑わう梅田ですが、

そんなことは関係なく、久しぶりのシャングリラ出演。

前回はなんとカルカヤマコトを迎えての出演だったのでUNITYリリースツアーだったんですかね?

初共演の皆さんを盛り上げるべくトップでの出演!

最後はいつもどおりみんなでyeah!!!

どんなお客さんの前でも変わらないのがCWM。


続いては4/27は初の米子公演!
Husta Latinaは光風Tpがソロワークでお世話になっていたり、サポートスタッフのHomerun Sound MAR君も知り合いなので初上陸の感じがしませんが。

ステージとフロアーが一緒!
盛岡に続いての原点回帰。
メンバーも20年前に(言い過ぎ)戻ったようなテンション!


吼える、光風Tp



アンコールもいただき、「何やる?何やる?」
「アレでしょ!」
「OK!」
「で、何の曲?」
ステージ袖で見られるほほえましい光景です。


この日は深夜までDJ Partyが入っていて
光風Tpもお皿をぶん回し、浅見Tbは腕をぶん回して踊り続けていたようです。



4/28 岡山 Mo:Gla


いつも倉敷でしたが、久しぶりの岡山!
倉敷でも岡山でもなんら変わりないお祭騒ぎ。


3曲目が終わるころには裸祭り。

徹さんの綺麗なフルートの音色にもワッショイ!わっしょい!


踊って、騒いで、飲んで、笑ってまさにお祭。


なんでこんなに熱いんだ!
とにかく楽しむことに全力を費やした岡山。

アンコールではバイキングマコトに変身!


打ち上げはもちろんテキーラ祭開催。。。


4/29 神戸WYNTER LAND
昨日の岡山とは180度違って上品なお客様が揃った神戸。

まずはT/saxジュンペイさんの渋いブローで。


徐々にゆれるフロアー


新人(もう4年目)の浅見を紹介。
歌とダンスが得意なトロンボーン担当。
おしゃべりは修行中。


最後にはいつものフロアーに!


少しづつ盛り上がっていく神戸でしたが、
自然な感じで無理せず音にゆだねてもらえたのを感じました。

根っこは熱いものを持っている神戸。
次回は2曲目から全開で楽しんでもらえる!と確信した夜でした。


4/30 名古屋得三
T字路sでは何度もお世話になっている朝5:00までやっている飲み屋さん。

ライブ前にはしゃぐGt BAKU


コレまでたくさんの大物アーティストが出演した老舗のハコ(飲み屋さん)

木のステージと壁で音の響きが良いです!


飲み屋さんですから、椅子とテーブルがあります。
ステージ前に少しだけ踊るスペースがあるんですが、
ライブがはじまるとドコもかしこもダンススペースに。

いつもより多めに弾いてます!


最後はまさかの総立ち!


はしゃぎすぎたバクはホテルで寝落ち。。。

その後、風邪をひく。。。


COOL WISE MAN 20th Anniversary Thanx Tour GW編 前半が終了!

どの会場も温かく、楽しむ気持ちで溢れていました。
これだからライブはやめられません。

大阪、米子、岡山、神戸、名古屋と足を運んでくれた皆様ありがとう。
出演者、スタッフの皆様ご協力ありがとうございました。

感謝の気持ちは次回またライブに行った際に改めてお伝えします。

さて、東京に帰って洗濯だ!

後半に続く。





JUGEMテーマ:音楽
 
Posted by : cwm | ライブリポート | 13:45 | - | -| - |
4/11−14 東北SKA祭リポート!
COOL WISE MAN 20th Anniversary Thanx Tourと題して、
お世話になった皆様に感謝の気持ちを伝えに行くライブツアーが、
4/11からスタートしました!

初日は仙台。
平日の夜にも関わらずOpenと同時にフロアーも埋まり、さらにはドリンクカウンターも大忙し。

会場のNeo Brotherzは実は2回目の出演。

8年くらい前に出演した時はOpenしてまもなくで、機材もそれほど揃っておらず、エアコンが効かず、照明も落ち、
最終的に電源が落ちて、真っ暗な中でアンプラグドライブになってしまったことを思い出しました。

そんな名残を微塵も感じさせないNeo Brotherz。

これまで多くのミュージシャンが出演し、切磋琢磨し今では仙台になくてはならないライブハウスになっておりステージもフロアーもはしゃぎっぱなしの60分でした。


ライブ後、主催者、スタッフ、友人と10数年ぶりの再会を祝して小さいグラスを一気飲み!
ショットグラスをテーブルに置く音がいつまでも続くのでありました。。。



二日目は盛岡
チェックアウトの後、メンバー一同、松島へ。
もちろん海鮮をいただくためです。


若干の二日酔いをひきづりながら到着するとメニューには魅惑の品々が!

牡蠣食べ放題!
雲丹いくら丼!

メニューボードからは選びきれず店内をゾロゾロウロウロ・・・・

なんとかメニューを決めて黙々と食べるメンバー。
二日酔いも治ってホクホク顔で盛岡へ!


と、思い出した!


主催者の粋な計らいでラジオもりおかへ出演させてもらうことをメンバーに伝えていなかったので
急遽のメンバーから選抜。

リーダーから「いつも俺ばかり出ているからたまには違う人で」と絶妙な人間観察眼を発揮し、
無口でバリトンボイスのT/saxジュンペイと、

陽気な4年目、正式メンバーなのか不安に思っている
Tb浅見の2人に決定。



生放送に緊張と興奮気味な2人。

収録が始まるや否や緊張していたはずの無口なジュンペイのしゃべりが止まらない!
20年のCWMを20分にまとめてバリトントーク。
一方、フォロー役だったはずの浅見は出番なし!
人はやらなきゃならない時にやれるか!が大事なんだな。
ジュンペイ!またラジオ出ような!

さて、盛岡はオールナイト!
会場も懐かしのCLUB!
もちろんステージはありません。

21:00にOpenするとワラワラとほろ酔いな人たちが集まる。
会場入り口にはこれまで盛岡で開催したCWMのライブのフライヤーがお出迎え。
取って置いてくれたことにビックリだし、待っていてくれた事に感謝です。


元CWMの暴れギターで盛岡出身、ONE Tsuchikawa DROPのDJで盛り上がりも最高潮で、
CWMの登場。


ホーンのマイクの前にはお客さんが。
顔の目の前にホーンが。
久しぶりの光景です。


初心忘るべからず!
結成当初、ライブハウスの出演より深夜のCLUBで演奏していた事が多いCWMにとって、
懐かしく、そしてやる気の出るステージです。
テクニックじゃない、気持ちが伝わる距離で演奏できた事に感謝した夜でした。


ライブ終了後、ラジオで不完全燃焼だったTb浅見が朝まで踊り続けていた事も忘れない!
浅見!次はラジオの出演ないかもな!


三日目、秋田

盛岡から秋田まではのんびり峠越え。
のんびり行かないとホテルにも会場にも入れないので、
おなじみの峠の茶屋で昼食。


4月だというのに雪もちらつく秋田なので、名物おでん定食で
ホッコリと。

そうそう。
今回の東北ツアーが出来たのも、The KING LION、HEAD SLIDERでBass担当、GAME OF DEATH主催(その他色々)とたくさんの肩書きをもつビリケンが
仙台、盛岡、郡山と声をかけてまとめてくれたから。

東北SKA祭 主催という肩書きも追加になりました。

夜になってさらに寒さが厳しくなってきた秋田ですが、
会場はウェルカムムードたっぷりで暑い!

Bass篠田とA/sax徹さんはT字路sでの出演もありポッポしています。


この日のトリとしてCWMが登場すると、
1曲目から激しく動くフロアー。


フロアーに負けじとステージもそれに応え、序盤で会場が一体となりフィニッシュ!


メンバーもお客さんも良い笑顔で素敵な時間を共有しました。



秋田まで東京から車で10時間と遠いですがとても身近に感じる街。
そして打上げはいつものあの店へ!


4日目 郡山

はじめましての郡山。
この日は1stアルバムを発売したばかりのCube Toneも東京からレコ初ライブ。
若い人たちと一緒にやるのはベテランになっていく一方のCWMとしては身が引き締まる思いです。

出演BANDもたくさん集まってくれたので、楽屋もパンパン。
そんな時!「うちの店で休んでください」と主催者であり、郡山でUKファッションの店とBarを経営する
AC UNITEDのボスが声をかけてくれ、さらにはビールで乾杯!


おかげでベストコンディションをキープできました。

はじめましての挨拶もそこそこにCWMのステージがスタート。
戸惑いを隠せないフロアーも音に任せて、自分の気持ちに正直に体を動かすうちに
これまでの会場となんら変わりない盛り上がり。



20年目のはじめまして。
こんな体験が出来るのもBAND活動を続けていたからだし、
挑戦し続けた結果だなと思います。


郡山では毎年、SKA FESTIVALも開催していてONE STEP BUSをはじめとする
SKA好き、音楽好きがシーンを盛り上げています。



4/11、12、13、14と4日間で4公演。
どの街もそれぞれにシーンがあって、それを守り育てている人たちがいて、楽しんでる人たちがいます。
みんな同じじゃなくてその街その街で出来る事があって、出来ない事があります。

仙台、盛岡、秋田、郡山
個性豊かで、優しくて、熱くて、何と言っても楽しい。
それは共通しています!

20年の感謝を伝えに言ったのにまた感謝する事ばかりでした。
30年、40年たっても感謝しきれないのかも。

だからCOOL WISE MANの旅は続いているんですけどね。

また近いうちにお礼参りに馳せ参じたいと思います!

ビリケンをはじめ、仙台の皆さん、盛岡の皆さん、郡山の皆さん誠にありがとうございました!



このお礼も次回のライブで!



JUGEMテーマ:音楽
 
Posted by : cwm | ライブリポート | 22:01 | - | -| - |
BLUE BEAT BOP!
3/15 青山CAY 『Blue Beat Bop!』(山名昇・責任編集)3rd Edition 発売記念パーティ

2013年 1発目のライブは、10年ぶりに復刊した音楽聖書BLUE BEAT BOP!リリースパーティー!


いやいやおめでたい!

読んだことのない人は是非読んでください。
SKAだけじゃなくて、イギリス、ジャマイカ、アメリカ、カリブ海などなど音楽に国境はない、
日本で音楽を楽しんでいる人は読むと世界が身近に感じられる本です。

CWMのメンバーのほとんどが1991年発売の初版をボロボロになるまで読んで、
品番を頼りに音源を探しました。
注(Tb浅見は当時小学生だったので読んでません。。)

その後、絶版になっていたが2001年待望の復刊!

そして2013年。
3度目のリリース!

音楽バイブルとしてでなく、カタログ本としてでなく、音楽を楽しむための教科書、手引き書だから
コレだけの人に愛される本なのです。

山名さんの軽い言い回しとビシッと言い切る文章は読み進めるほど心地よく会ってみたくなります。
実際会って話すと本と同じですし。


前置きが長くなったのでレポートは写真で。



新曲も初披露!


ブレブレ!


山名さん、乾杯〜


COOL WISE MAN & 巽 アキラ セッション!



2013年 COOL WISE MAN スタート!


BLUE BEAT BOP! FOREVER!


出演者
LIVE
Tatsumi Akira Caribbean Experiment
COOL WISE MAN

DJ
クボタタケシ
竹田研一朗
森正樹
風祭堅太





JUGEMテーマ:音楽

 
Posted by : cwm | ライブリポート | 16:20 | - | -| - |
ありがとう!One MAN Show'12
11/9 渋谷クラブクアトロ

はじめに、
ご来場いただいた皆さん本当にありがとうございました!
そして、都合がつかずご来場いただけなかった皆さん、
来年は是非!

とにかく、日ごろから応援してくれる皆さんのおかげで
COOL WISE MAN One MAN Show'12無事終了いたしました!

今年で7回目となるOne MAN Show。
回を重ねるごとに、人が増えたり、会場が大きくなったり、派手になったりしません。

その年の集大成を見せたい。
自分たちの好きな場所でみんなと楽しみたい。

なので、メンバーは始まる前の楽屋では毎年ソワソワです。
武者震いです!

そんなメンバーの気持ちを汲んでか汲まぬか、
DJ 土川学がフロアーを盛り上げてます。

昔、みんなで遊んでいたときにかけていたキラーナンバーをコレでもかと
かけまくりです。

19:30 
いよいよ2012年の最後のライブに挑みます。


第一部は
CWMの原点でもある、Koshu Stでスタート!

最近ステージではやっていない曲を中心に、
大人っぽくキラーチューンを連発。






第二部は
渋めにスタート。
フロアーは横に揺れながら思い思いに踊ってます。

そして、今年は何と言ってもハンバートワイズマンでした!
ハンバート・ハンバートの名曲 を光風tpが歌う。

最後には飛び入りでハンバート・ハンバート佐藤良成が飛び入り!
ステージ下からまさに飛び入り!

その後、RICOの名曲AFRICA、DR、狼煙内田直之のDUBが始まると、
フロアーからの熱が凄い!

音に身を委ね、感じるままに体を揺らすマグマの様です。

第二部もいよいよラスト!
みんなでMt Fuji


もちろんアンコールはあります。
ハンバートワイズマンでもカバーしたシャネルズのRUNAWAY
Tb浅見が熱唱!

「靴墨で顔を黒くしてた話は嘘ですね。。。ヒリヒリします。。。」
by浅見

ワンマン記念に作った男のシャツを着て最後のステージへ。


最後の最後はちょっと記憶がありません。
みんなと一緒に踊ってたのでどんな風に終わったのか覚えてない。。


今年も120分を軽く超えてしまいました。

ずっと踊ってた人、飲んでた人。
いつも見に来ている人、初めて見た人。
SKAが好きな人、テクノが好きな人。
アウトドア好きな人、インドア好きな人。

それぞれの形で音を感じ、楽しんでもらえるのが理想です。

みんなと一緒に踊れなくても、手を上げられなくても、歌えなくても
会場の音、熱、匂いを感じて体が反応する音楽がCOOL WISE MANの目指す音です。

COOL WISE MAN One MAN Show'12は終わってしまいましたが、
2013年はたくさんの会場で皆さんと音を楽しみ、ライブを作っていきたいと思っています。

引き続き、応援よろしくお願いします。



詳しくは
Galactic Web
http://coolwiseman.galactic-label.jp/
Facebook
https://www.facebook.com/#!/pages/COOL-WISE-MAN/195343483815726





JUGEMテーマ:音楽
 
Posted by : cwm | ライブリポート | 13:41 | - | -| - |
COOL WISE MAN 2012夏 終了!
イエイ イエイ イエーイ!

9/29 Skaville Japan’12@日比谷野音にてCOOL WISE MAN 2012の夏終了しました!

朝から良い天気で夏日でした。
秋をお知らせするはずの赤とんぼより、最後の血を求めた蚊の方が多かった野音。

開場と同時にたくさんのお客さんが入ってのっけからお祭気分。
それもそのはず、
RUDEBONESから始まり、
The eskargot miles
そして、久しぶりの共演 RUB-A-DUB MARKET
しかもBANDセット!

17:30になると日も傾き始めてやっと秋だな〜と感じたあたりで
COOL WISE MAN登場!

こちらも久しぶりに
MARTIN-KINOOとセッション!

2ndアルバム「FAITH」の1曲目に収録のReal Rockの音源に合わせて
サウンドチェック。
そのまま、LIVEに!

気持ち良かったな〜

Skaville JapanはキラーなSKAナンバーをてんこ盛りにするのが
ここ数年恒例で今年も休むまもなく終了!


その後も、
YOUR SONG IS GOODがキレキレのステージで盛り上げ、

登場から盛り上がりすぎのOi-SKALL MATES
まさかのゲストも登場して揺れる野音。

最後は渋く、激しく
Soulcrapが貫禄のステージでビシッとしめて、
恒例のセッション!

出演者多くて誰が誰だか分かりません。

今年も開催できて、そして出演させてもらって本当に良かったです。

来年は更にパワーアップしたSkaville Japanに期待してしまうそんな夏の終わりの1日でした。


と言うことで、
今日から秋!10月。

COOL WISE MANのライブも残すところ2本となりました。
お見逃しのない様スケジュールチェックお願いします。

2012/10/12(金) at 高円寺 CLUB Mission's 
"どりかむpresents くじら 1st ANNIVERSARY"

OPEN/START 24:00 ALL NIGHT

LIVE
The Sun calls Stars(伊藤大助<クラムボン>+オータコージ<曽我部恵一バンド>)
JUICEBOXXX(USA)
COOL WISE MAN

DJ 
大橋裕之
Tanaka Hideyuki
and more !

TICKET
前売:¥2,500 当日:¥3,000 ドリンク別
チケット予約:otomeshi@gmail.com

INFO
curryBAL くじら 03-3336-6566
CLUB Mission's 03-5888-5605
http://www.live-missions.com/

2012/11/09(金) at 渋谷 CLUB QUATTRO
"COOL WISE MAN One MAN Show '12"

OPEN 18:30 START 19:30

LIVE
COOL WISE MAN

TICKET
前売 ¥3,000 (税込/ドリンク別/整理番号付)

09/22(土)一般発売
チケットぴあ:0570-02-9999 (Pコード:179-127)
ローソンチケット:0570-084-003(Lコード:79630)
e+
渋谷QUATTRO

INFO
CLUB QUATTRO tel:03-3477-8750
http://www.club-quattro.com/
東京都渋谷区宇田川町 32-13-4・5F


2013年は結成20周年!
色々と企んでます。
そして色々とお世話になります。

引き続き応援よろしくお願いします!!





photo KUMA

JUGEMテーマ:音楽

 
Posted by : cwm | ライブリポート | 14:24 | - | -| - |
ワレワレ ワ ハンバートワイズマン!
9/9日曜日 恵比寿リキッドルーム
快晴

リキッドルームのある恵比寿はお祭でした!
神輿がリキッドルームの前を通って明治通りを進みます。

何だかめでたい気分。

今日も大阪とおなじスタッフが集合。
PAの内田さん、照明の大野さん、楽器担当りゃんくん、
そしてセレクター Homerun Sound MAR君
そんなわけで、
リハーサルも順調に進み、まだ明るい中17:00開場しました!


チケットはSOLD OUT
おかげでリキッドルームの2Fが熱気で暑い。。。節電ですから仕方ない。

物販担当は田中夫妻。
開演前にGoodsも品薄になってしまいましたが、これも仕方ない。
今日がラストダンスですから。

メンバーは楽屋でくつろぎ中〜
たくさんの差し入れありがとうございました!

そして、いよいよハンバートワイズマンのラストダンススタート!


1曲目は
すっかりおなじみになったI Can See A Rainbow

続いてはサザエさんのテーマ
イントロが終わると「お魚くわえたドラ猫と〜」遊穂さんの声が。
ステージ袖から歌いながら悠々と登場。
「今日もいい天気〜」


予想以上の完成度にフロアーもビックリな様子

間髪いれずに、罪の味で「へいへい!おれ!」の大合唱。

さらに、Carry Go Bring Come(日本語詩)
明るく、毒吐いてます。


大阪からセットに追加した
何も考えない
重厚なリズムに伸びやかな声。
赤い照明で魅惑の世界に引きづり込まれます。

もう一曲

ダメだ〜ダメだ〜今日はダメ〜ってうまくいかないから飲んじゃう唄なんだけど、
ステージの真ん中に座って飲んじゃってる人が見えてくるんです。
音楽やってる人や創作活動している人にはジワジワ染み渡る曲。


ここで、CWMは一旦休憩!
ハンバートだけのステージ。

改めて思うのは、
良成くんの曲は本当にいい曲が多い!
歌詞も厳しいところ付いてくるし。
そして遊穂さんは歌がウマイ!
そんなの知ってるよ!って言われそうですが、
大阪の打ち上げで披露した松田聖子にメンバーうっとり。。。。

その打ち上げの話ばっかりで、まだ曲やってないし。。。
ということでのんびり2曲を歌い上げ、フロアーには涙ぐむ人も。

涙ぐむといえば、次の曲は大宴会
そう、お通夜の唄です。
2人で歌いだして、Keyイッチーから、続いて篠田と,バクちゃんが。
徹さん、ジュンペイ、光風Tp、浅見と最後にドラムスコが戻ってハンバートワイズマン復活!



第二部へ

音源の中から、
二人の記憶おなじ話
みんな歌ってましたね。

そして、
「ここからダイエットタイム!」「2kg痩せて帰ってね〜」と、
Mt Fuji、ランナウェイ、そしてMonkey Man(貧乏自慢)でフロアーもステージもSKAダンス!!


もう全然止まりません!
男の中の男の唄 おいらの船
背筋がシャッキッとしたところで、
軽快にオーイオイ

更に更にアセロラ体操のうた
1Fフロアーも熱気で体調を崩す人も。。。

ラストは名曲メッセージで本編終了。


このままじゃ終われない!
そりゃそうだ。

全員23:59 T-shirtsに着替えて登場!

ハンバートワイズマンのオリジナル曲といえば、23:59
発売前のインタビューで何度もこの曲のタイトルの意味を聞かれ
良成君の答えがだんだん適当になっていったのを思い出しました!

ワレワレワ ウチュウカラキテ!ワレワレワ ウチュウヘカエル〜
子供から大人までが口ずさむこの曲はクラシック入りも夢じゃない。

ストロボがバチバチついて盛り上がるフロアを更に盛り上げたのがこれ!

宇宙人フロム宇宙〜
の二人。

今日一番の歓声!
フロアーは歌詞にもあるように「少し壊れたくらいがクールよ」とばかりに
大騒ぎ。
もう既に少しじゃなくて大破だね。


興奮冷めやらぬ中、
サザエさん一家のイントロが!
音も唄も完璧にコピーされてきた。

みんなで歌って、思い思いの振りで踊ってます。

ステージ左にはいつの間にか家が!

宇宙人が家に飛び込みフィニッシュ。

会場へお越しいただいた皆さんありがとうございました。
そしてust中継で見てくれた皆さんもありがとうございました。
そしてそして、これまでどこかの会場で見てくれた皆さんありがとうございました!

ハンバートワイズマンを聞いてくれて、見てくれたことで無事に今日のステージが
出来ました。

2012年
1月から曲を作ったり、アレンジしたり、2月にはレコーディング。
4月は伝説のPV撮影、5月はプロモーション(そんなにしてない。。)、6月に発売!
7月から9/9まで、9本の素晴らしいライブを経験しました!

お互いに持っているもの、歩んできた道が違う分、お互いを知ろうとして、知れば知るほど
興味が沸いてもっと知ってやろう、もっと理解したいとなってハンバートワイズマンが出来上がった
ような気がします。

誰が何と言おうと、素晴らしいコラボレーションが出来ました!

メンバーはまだまだやり切れてないこともありそうだし、
いずれまた一緒にやるときが来るでしょうね。
お互いファンになってしまったし。


その時まで、
ハンバート・ハンバート、COOL WISE MANの応援よろしくお願いします。

11月にそれぞれワンマンがありますよ。
COOL WISE MAN11/9(金)渋谷クアトロで。
http://coolwiseman.galactic-label.jp/live/2012/11/001241.html

ハンバート・ハンバート11/18(日)赤坂Blitzです。
http://www.humberthumbert.net/

メンバーも赤坂Blitzで応援します!












JUGEMテーマ:音楽
 
Posted by : cwm | ライブリポート | 19:09 | - | -| - |
TOP